株式会社ハピネット

ハピネットグループCSR

HUMAN REPORT 2018:ハピネス・ネットワーキングの実現へ。私の取り組み。

マーチャンダイジング(玩具ほか)(株)ハピネット CVSユニット MDチーム 森 彩友美

お客さまの生活に密着したコンビニエンスストアに玩具の楽しさを届けていく

図:ハピネットフロー マーチャンダイジング(玩具ほか)

仕事・役割

メーカーさまと営業チームの間に立ち、商品の流通を支えるマーチャンダイジング

CVSユニットは、コンビニエンスストアという販売店さまの業態に特化し、玩具・雑貨、ビデオゲーム、映像音楽ソフトなどを販売している部門です。その中でMDチームに所属する私は、主に玩具メーカーさまからの仕入れ業務を担当しています。
メーカーさまからいただいた商品情報を基に、営業チームがコンビニエンスストアさまと商談を進めていくにあたり、何を一番に伝えればいいのか、販売店さまにどのような情報を伝えれば商品の魅力を感じて取り扱っていただけるのか、各メーカーさまときめ細かい打ち合わせを行い、その情報を営業チームに的確に伝えるように心掛けています。
また、毎週商品が入れ替わるコンビニエンスストアさまとの商談は「スピード」と「正確性」が大切だと考えています。決められたスケジュールまでに商談がまとまるよう、メーカーさまと営業チームの間に立ち、なるべく「早く」、「正確」にコンビニエンスストアさまからのご要望をメーカーさまに伝え、調整を図ることも重要な役割です。

写真

かかわりの深いステークホルダー

  • メーカーさま

CSRの取り組み

商品を通して子どもたちに「遊び」の機会を提供

立ち寄ったコンビニエンスストアの玩具売り場で、私たちが提案した玩具を子どもたちが購入してくれている姿や、家に帰って親子で遊んでいる姿を想像すると、とてもうれしい気持ちになります。私たちの仕事は、子どもたちに遊びを通じてコミュニケーションの機会を提供する仕事だと思っています。今後も、お客さまの生活に近いコンビニエンスストアさまへの玩具の提案を通して、子どもたちに遊びの機会を創出していきたいと思います。

写真

主なCSRの取り組み

  • 顧客満足
  • 取引先とのコミュニケーション強化

今後の課題

生活必需品ではない玩具を取り扱っていただくために

コンビニエンスストアさまが取り扱う商品は、食料品や日用品といった生活必需品が中心です。その中で生活必需品ではない玩具を今後も引き続き取り扱っていただくために、これまで以上に玩具という商材を取り扱うメリットをコンビニエンスストアさまに提案すること、そして、売り上げに貢献することが大切だと感じています。そのためにも、コンビニエンスストアさまがどのようなことを考えているのかをメーカーさまにお伝えし、メーカーさまとのコミュニケーションをより深め、商品の魅力をお伝えできるよう取り組んでいきたいと思います。
また、新たな取り組みとして、コンビニエンスストアさまの店頭で、今までにない販売促進提案や、地域限定商品の企画提案などにもチャレンジしていきたいと考えています。

このページのトップへ