株式会社ハピネット

ハピネットグループCSR

CSRマネジメント

CSR推進体制

推進体制

ハピネットグループでは、2009年4月に設立した「CSR推進委員会」を中心に、年度ごとに各事業部門やグループ会社が取り組むべき課題に対して施策を策定し、実績を管理しながらCSR活動を推進しています。

推進体制

図:推進体制

このページのトップへ

2018年度 CSR施策と実績

○:目標達成 △:一部未達成 ×:未達成
カテゴリ 施策 自己評価 主な取組実績
マネジメント 社員の多様化・構成変化に応じた人事諸制度の見直し
  • 見直しを行ったが、人事諸制度の改訂は次期へ持ち越し
マネジメントスタイルの再構築および各リーダーのマネジメント力向上
  • 従業員満足度を可視化する仕組みを導入するとともに、組織横断の「ワークスタイルイノベーションプロジェクト」を発足し、ボトムアップ型の組織に向けた体制を整備
大規模災害・火事対策の強化
  • 「BCP初期行動マニュアル」の見直しを実施し、災害対策を強化
BCPを考慮した新物流システムの稼働
  • サーバーを複数台設置することにより、システムの冗長化を実施
機密情報取扱い管理の徹底及びリカバリー対応フローの構築
  • 機密情報取扱い管理の見直しを実施
事業リスクの洗い出しと適正な保険の再検討
  • 他社からの事業承継に伴いリスクの洗出しを実施、適正な保険への加入によりリスクヘッジを強化
債権管理業務における情報管理体制の整備
  • 管理を一元化し、効率的な情報管理を実現
リコール情報の社内共有システムの改善
  • 毎月リコール情報を収集し、担当部門で共有
文書管理体制見直し
  • システムを導入し、書類の電子化を推進する方針に変更
環境とのかかわり グループ会社間の物流拠点の効率化
  • 物流拠点、物流システムを一元化し、効率的な商品配送を実現
廃棄物、廃棄販促物の削減 ×
  • 市場状況が厳しく、廃棄物、廃棄販促物は増加
商品輸送回数削減にむけた取り組み
  • 物流拠点、物流システムを一元化し、効率的な商品配送を実現
保有資産(サーバ)削減に伴う、省エネルギー化を推進
  • 不要なサーバーを廃棄し、省エネルギー化を実現
製品素材の表記方法の見直し
  • リサイクル判断がしやすいような記載で製品素材を表記
顧客とのかかわり 事業活動を通じた顧客満足度の向上
  • 販売店さまの店舗における販売応援や売り場の改装支援を強化
カードゲーム商材の予測精度向上
  • 管理ツールを作成し、予測精度を向上させることにより、欠品を抑制
店舗・消費者のニーズに合った商品開発
  • コンビニエンスストア向けにグリーントイを提案するなど、売り場にあった商品開発を実施
各アイテムに応じた品質基準書の作成
  • アイテムごとに品質基準書を作成
自社オリジナル商材を利用したキャンペーン・イベントの実施
  • 自社オリジナル商品「ハグミン」について、SNSを活用したキャンペーン・イベントを積極的に実施
お客様相談窓口の対応レベルの向上
  • マニュアルの見直しにより、お問合せへの対応時間を短縮
ECサイトの販促活動の強化
  • メルマガの配信やクリスマス特集ページの作成などにより、サイトへの来店数が増加
グループ会社間での連携による総合売り場プロデュースの実施
  • グループ会社間の連携を強化し、共同で売り場づくりを行うことにより、売り場の総合プロデュースを実現
商品の適正数量の予測強化 ×
  • 市場状況が厳しく、在庫の評価損失が発生
ムービングロゴのリニューアルに伴うブランドイメージの深化
  • ブランドイメージがより伝わる新たなムービングロゴを制作
社員とのかかわり 社員コミュニケーションの強化
  • 50周年記念事業を通じ、社員どおしのコミュニケーション機会を積極的に創出
自分時間の捻出(残業時間の削減)および有給休暇取得の推進
  • 業務の効率化などにより一部の部門では残業時間や有給取得率が改善
交通事故&違反件数の削減
  • 安全運転講習会の実施や業務支援体制の強化により事故・違反発生率が低下
障がい者雇用の推進と組織体系の構築
  • 障がい者雇用の定着を図るべく、サポート体制を整備
労働安全衛生への配慮の強化
  • 本社ビルに休憩スペースを導入し、より快適な職場環境を実現
社員健康管理の徹底
  • 健康診断に対する社員の意識向上を図り、受診率100%を達成
アルバイトの定着率向上を目指した制度の導入
  • 表彰制度の導入など、臨時従業員に対する諸制度を整備
社員の情報リテラシー向上を目指した教育の実施
  • 現状調査に留まり、教育の実施は次期へ持ち越し
モバイルツールにおけるセキュリティ強化検討
  • ニーズに合ったツールを構築し、セキュリティ強化に向けてテスト運用を開始
社員の株式価値への意識向上推進
  • 株式報酬制度の導入、持株会の推奨と、それに伴う社員への啓蒙活動を実施
社員の知識向上に向けた施策の実施
  • 下請法・景品表示法や、債権管理に関する研修を実施
業務基盤の集約・統合による業務の効率化の推進
  • 社員が使用しているさまざまなツールを統一すべく、現状調査と統合までのロードマップを作成
社会とのかかわり 映像作品のバリアフリー化の推進
  • 自社幹事・出資作品4作品について、バリアフリー対応を実現
ゲームソフトを利用した防災の意識付け促進活動
  • 当社独占流通のゲームソフト「絶体絶命都市4+」のプロモーションを通し、防災への意識向上に貢献
地域活動への参加によるコミュニケーション活性化
  • 物流拠点周辺地域企業の合同清掃活動や防災訓練などに参加
株主とのかかわり 会社発信情報の整理・拡充
  • コーポレート・IRサイトのリニューアルを実施し、より見やすく、分かりやすいサイト構築を実現
オリジナル商品のPR活動を通した企業認知度強化
  • コーポレートサイトにおいてもオリジナル商品のPRを積極的に実施

このページのトップへ

2019年度 CSR施策一覧

カテゴリ 施策
マネジメント
  • 取締役会の実効性評価および課題解決策の実施
  • 資本コストを意識した経営戦略・資本戦略の推進
  • 経営層向けトレーニングの強化
  • 社員の多様化・構成変化に応じた人事諸制度の見直し
  • 安定した運用保守が可能で柔軟性の高い新基幹システムの構築
  • 情報セキュリティと利便性、ICTインフラの充実の両立を実現する環境整備
  • 事業拡大や法改正に向けた、社員の法務知識の強化
  • リスクマネジメント体制の見直し、再構築
  • 大規模災害への対策強化
環境とのかかわり
  • 廃棄物・廃棄販促物の削減
  • サーバー削減による、省エネルギー化の推進
  • 発行資料等の素材変更による地球環境への働きかけ
顧客とのかかわり
  • イベント実施、商談会開催等による商品情報の発信
  • 店舗・消費者のニーズに合った商品開発
  • 店舗でのキャンペーンなど売上拡大施策の実施
  • ECサイトにおける顧客満足度の向上
  • 映像音楽事業の物流・システム統合による効率化の実施
  • 受注システムの使用による作業効率化と顧客満足度の向上
  • 映像事業の多角化の推進
  • 事業の多角化に対応した新基幹システムの構築
社員とのかかわり
  • 社員への組織満足度調査と改善策の検討・実施
  • 業務の効率化による働きやすい環境の整備
  • 残業時間の削減と有給休暇取得の推進
  • 社員の自主学習支援制度の充実
  • 若手社員の積極的な起用
  • 障がい者雇用の推進と社内理解・浸透の強化
  • 社内コミュニケーションの活性化
  • 労働安全衛生、働きやすい執務環境への配慮の強化
  • 社員の健康増進意識の向上
社会とのかかわり
  • 地域への貢献活動への参加とコミュニケーションの活性化
  • 映像作品のバリアフリー化の推進
株主とのかかわり
  • 社員の株式価値への意識向上推進
  • オリジナル商品のPRを通じた企業認知強化

このページのトップへ