Happinet

ロジスティクス

迅速かつ高品質の物流でハピネットグループの根幹を支える商品とお客さまをつなぐ物流のプロ

どんなに良い施策を提案しても、約束した日時に商品をお届けできなければ、中間流通としての信頼を得ることはできません。商品を流通させるビジネスを展開するハピネットにとって、実際に商品を動かす機能を担うロジスティクスは不可欠であり最も重要な機能です。つまり、ハピネットのバリューを根幹から支えているのが、ロジスティクスなのです。
また、ロジスティクスの仕事はオーダーに合わせて商品をお届けするだけではありません。より効率的な物流体制、安全で快適な職場環境の構築など、改善活動を続けることも重要な仕事の1つです。エンタテインメント商品を手にすることで得られる「心の豊かさ・楽しさ」の実現のため、「より安全に」「より正確に」「より効率的に」「より確実に」商品を届けるべく、成長をし続けています。ハピネットグループが取り扱うエンタテインメント商材は、人が生きていくために必要不可欠なものではありませんが、心の豊かさや楽しさを感じられる生活、つまり、人間らしい生活を実現するものです。ハピネットのロジスティクスは、人間らしい生活を実現するための社会的インフラなのです。

仕事の流れ

  1. 1マーケティングやセールスからの入出荷予定情報に基づき、作業部門ごとの人員計画や作業計画を立てます。効率的に、確実に作業を進めるためには、マーケティング・セールスとの連携は不可欠です。
  2. 2メーカーさまから仕入れた商品を検品し、格納・保管します。数万種類におよぶ商品について「どこに、何が、何個」あるのか分かりやすく保管することが、効率的な出荷業務につながります。
  3. 3オーダーに合わせて保管エリアから商品を取り出します。バーコードスキャンで全ての商品がきちんとオーダーどおりに取り出されているかを検品し、輸送用の箱に梱包をしたうえで発送します。1,200社におよぶお取引先さまごとに定められた納品条件に合わせ、確実にお届けしています。

全国の子どもたちに喜びを届ける、影のサンタクロース

ハピネットは、物流倉庫であるハピネットロジスティクスセンターを、主要拠点として東日本・東日本第2・西日本、その他にも札幌・大阪・福岡と全国各地に全7拠点を展開しており、全国各地に商品をお届けしています。特に玩具やゲームの需要が高まるクリスマス前には、ロジスティクスセンターには大量の商品が集まり、最大の繁忙期となります。ロジスティクス担当者は、クリスマスプレゼントを心待ちにする全国の子どもたちを笑顔にする商品をお届けすることを使命としています。

札幌、東日本第二ロジスティクスセンター(千葉県船橋市)、東日本ロジスティクスセンター(千葉県市川市)、西日本ロジスティクスセンター(兵庫県尼崎市)、大阪、福岡
※配属は主要拠点のいずれかとなります。

多種多様な商品と物流特性に的確に対応

さまざまなエンタテインメント商品を取り扱うハピネットのロジスティクスには多種多様な商品が集まります。
大きさも形も異なるたくさんの商品に柔軟に対応し、スピーディで高品質な物流を行っています。

玩具

商品の大きさや形は多種多様。梱包や出荷作業のハンドリングが難しく、一つ一つの商品に対応する必要があります。

映像音楽

月に2,000タイトル以上も発売される新譜を、発売日に合わせて一斉に大量出荷を行います。また、たくさんの種類の旧譜に対しては、多頻度少量出荷に対応します。

ビデオゲーム

サイズも大きさも異なるハードウェアやソフトウェア・周辺機器を発売日に合わせて大量に出荷します。


気になった方は
ぜひ会社説明会にお越しください!

新卒採用エントリー
ページの先頭へ